top of page

介護業界における外国人材の役割やメリットとは?
雇用の注意点や対策を詳しく解説​!

患者と介護士

日本の介護業界は急速に高齢化が進む中で、慢性的な人手不足に直面しています。

この問題を解決するために、外国人材の採用がますます重要になっています。こちらの記事では、介護業界における外国人材の役割とその重要性、外国人材の雇用メリットや課題、そしてそれに対する対策を詳しく紹介していきます。

​目次
​1.介護職においての外国人材の役割

介護職の基本的な仕事内容

外国人材の具体的な役割

特定技能ビザと技能実習制度の概要

​2.外国人材雇用のメリットとは?

​労働力不足の解消

人材の質とスキル向上

多様な文化・価値観の導入によるサービス向上

3.外国人材の雇用における課題

言語の壁とコミュニケーションの問題

文化の違いによる職場環境の課題

法的・制度的な課題

​4.課題への対策

言語研修とコミュニケーションの向上策

 文化交流と職場環境の改善

法的支援と制度の活用

​5.まとめ
​介護職においての外国人材の役割
28378997_s.jpg

介護職の仕事内容は多岐にわたり、高齢者の日常生活を支える重要な役割を担っています。以下では、外国人材が介護現場でどのような役割を果たしているのかを具体的に見ていきます。

介護職の基本的な仕事内容

介護職員の主な業務内容には、以下のようなものがあります。

・身体介護:食事、入浴、排泄の介助など、利用者の身体的なケアを行います。

生活援助:掃除、洗濯、買い物代行など、日常生活を支えるサポートを提供します。

リハビリテーションの支援:利用者が自立した生活を送るためのリハビリ支援を行います。

レクリエーションの企画・運営:利用者の生活の質を向上させるためのレクリエーション活動を計画・実施します。

介護職においての外国人材の具体的な役割

その中で、以下の点で大きく活用されています。

人材不足の解消:外国人材は日本の介護業界で人手不足を解消する即戦力として期待され、多くの高齢者へのケアを支える大切な存在です。

労働力の充足:外国人材は、日本人介護職員と同様の業務を担当します。施設職員の高齢化が進むなか夜勤や介助などの体力的負担が多い仕事も、若手外国人材が率先して行ってくれるので、既存スタッフの負担が軽減されます。

コミュニケーションと社会的交流の促進:多様な言語能力と異文化理解を生かし、入所者様一人ひとりに寄り添ったコミュニケーションを実現します。彼らの温かく包容力のある対応は、利用者の孤独感を和らげ、精神的な支えとなります。また職員間の多文化交流は、職場のコミュニケーション能力を高め、チームワークの向上にも寄与します。

特定技能ビザと技能実習制度の概要
特定技能ビザ:特定技能1号ビザは、一定の日本語能力と介護技能を持つ外国人が介護職として働くためのビザです。特定技能2号ビザは、より高度な技能を持つ外国人が対象で、在留期間の更新が可能です。

技能実習制度:技能実習生として介護職に従事するための制度で、最大5年間、日本での実習と労働が可能です。実習を通じて、母国に戻った後も役立つ高度な技能を習得します。

外国人材の力は、単に数を増やすだけでなく、介護業界に新しい風を吹き込み、質の高いケアを提供し続けるための鍵となっています。

「技能実習制度」の廃止が決定

政府は2024年3月15日に技能実習に代わる新制度「育成就労」を新設する出入国管理法などの改正案を閣議決定しました。

これにより、現在の「技能実習制度」は廃止されることになります。

介護業界の人材不足を解消する「特定技能人材」とは?
外国人材雇用のメリットとは?

外国人材を雇用することは、介護施設にとって多くのメリットがあります。

ここでは、主なメリットを3つに分けて解説します。

労働力不足の解消

日本の介護業界は深刻な人手不足に直面しており、これがサービスの質や経営に大きな影響を及ぼし近年では倒産する事業者も出ているほどです。そんな労働力不足を解消するのが外国人材の雇用です。

即戦力としての採用:外国人労働者は、特定技能ビザや技能実習制度を通じて、必要な介護技能を持っているため、即戦力として期待できます。

安定した人材供給:外国人労働者を継続的に採用することで、長期的に安定した人材供給が可能になります。

多様な文化・価値観の導入によるサービス向上​

外国人材の存在は、介護施設内に新たな文化や価値観をもたらし、多くの施設利用者にとっても刺激となります。

異文化交流の促進:多様な文化背景を持つスタッフがいることで、利用者とのコミュニケーションが豊かになり、新しい視点や体験が生まれます。また既存スタッフへの刺激になります。

サービスの質の向上:異なる文化的背景を持つ外国人材は、介護サービスの内容や提供方法に新たなアイディアをもたらすことができ、サービスの多様化が図れます。

人材の質とスキル向上

外国人材の雇用は、介護施設全体の人材の質とスキル向上にも貢献します

人材の質:今海外の人材市場はとてもクオリティが高い人材の宝庫です。国によっては大学を出ても仕事がなく高いスキルや日本語能力があるにもかかわらず就労の機会がない若手人材が多くいます。そんな高クオリティで就労意欲の高い人材を採用できます。

スキルの向上:外国人材が持つホスピタリティ精神やひたむきに努力する勤務姿勢などが既存スタッフへ良い刺激を与え、全体のスキル向上が期待できます。

これらのメリットを活かすことで、介護施設は人材不足を解消・安定した労働力の供給が行え、より質の高いサービスを提供することが可能になります。

外国人材の雇用における課題

外国人材の雇用には多くのメリットがありますが、一方で課題が存在するのも事実です。これらの課題を認識し、適切な対策を講じることが重要です。ここでは、主な課題を3つに分けて解説します。

​課題1:言語の壁とコミュニケーションの問題

言語の壁は、外国人労働者が日本の介護施設で働く上で最も大きな課題の一つです。

 

日本語能力の差:外国人労働者の日本語能力には個人差があり、業務上のコミュニケーションが円滑に進まない場合があります。

利用者との意思疎通:高齢者や認知症の利用者とのコミュニケーションが難しい場合もあり、サービスの質に影響を与える可能性があります。

​課題2:文化の違いによる職場環境の課題

文化の違いは、職場環境に影響を与えることがあります。

 

異文化理解の不足:日本人スタッフと外国人労働者の間で、文化的な背景の違いが原因で誤解や摩擦が生じることがあります。

職場の人間関係:文化の違いから生じるコミュニケーションスタイルの違いが、人間関係の構築を難しくすることがあります。

​課題3:法的・制度的な課題

外国人材を雇用する際には、多くの法律や規制に留意する必要があります。

ビザの手続きと管理:外国人を正式に雇用するには、適切なビザが必要です。これは、その人が日本で働くための法的許可であり、具体的な職種や活動に基づいて異なります。介護分野では、特定の在留資格が定められており、これには定められた条件を満たす必要があり、また適切な管理が必要です。

労働法規:外国人材も日本の労働法の保護を受けますが、労働許可や契約条件に特有の注意が必要です。例えば、労働時間、休日、最低賃金など、雇用契約には日本の労働基準法に準拠する必要があります。

継続的なサポートとコンプライアンス:外国人材を雇用した後も、ビザの更新や在留資格の変更といった継続的な手続きが必要です。また、法律や政策が変更された場合には、これに適応するための迅速な対応が求められます。

これらの課題を認識し、適切な対策を講じることで、外国人労働者が安心して働ける環境を整えることが重要です。次の章では、これらの課題への具体的な対策について詳しく見ていきます。

これで安心!課題への対策

外国人労働者の雇用における課題を解決するためには、具体的な対策が必要です。ここでは、言語、文化、法的・制度的な課題への対策を詳しく見ていきます。

​対策1:言語研修とコミュニケーションの向上策

言語の壁を克服し、円滑なコミュニケーションを実現するための対策として、以下のような方法が有効です。

 

日本語研修の実施:外国人労働者向けの日本語研修を提供し、業務に必要な日本語能力を習得させます。特に、介護現場で頻繁に使われる用語やフレーズに焦点を当てた研修が効果的です。

コミュニケーションツールの活用:翻訳アプリやコミュニケーションボードなど、言語の壁をサポートするツールを導入し、スムーズな意思疎通を図ります。

​対策2:文化交流と職場環境の改善

異文化理解を深め、職場環境を改善するための対策として、以下の方法が挙げられます。

 

異文化研修の実施:日本人スタッフと外国人労働者の両方に対して、異文化理解を促進する研修を実施します。文化的背景や価値観の違いを理解し、相互理解を深めることが重要です。

文化交流イベントの開催:定期的に文化交流イベントを開催し、スタッフ同士がリラックスしてコミュニケーションを取る機会を増やします。これにより、職場内の人間関係が円滑になり、チームワークが向上します。

​対策3:法的支援と制度の活用

法的・制度的な課題を解決するためには、以下のような対策が有効です。

専門家の活用:ビザ手続きや労働条件の管理に詳しい専門家(行政書士や労働弁護士など)や外国人材に強い人材紹介会社を活用し、適切な法的支援やサポートを受けます。

制度の適切な運用:特定技能ビザや技能実習制度の運用に関して、最新の情報を常に把握し、制度を適切に運用することで、外国人労働者が安心して働ける環境を整えます。

これらの対策を実施することで、外国人労働者が安心して働ける環境を整え、介護施設全体のサービス向上を図ることができます。最後に、これまでの内容をまとめ、外国人労働者の役割とその重要性を再確認します。

​まとめ​

介護業界における外国人労働者の役割とその重要性について見てきました。外国人労働者の雇用は、労働力不足の解消、多文化交流の促進、人材の質とスキル向上など、多くのメリットをもたらします。しかし、一方で言語の壁や文化の違い、法的・制度的な課題も存在します。

 

これらの課題に対しては、適切な言語研修やコミュニケーションツールの活用、異文化理解を深める研修、専門家の支援を受けた法的サポートなど、具体的な対策を講じることが重要です。

 

外国人労働者が安心して働ける環境を整えることで、介護施設全体のサービスの質を向上させ、利用者に対してより良いケアを提供することができます。これからの介護業界において、外国人労働者の役割はますます重要になっていくでしょう。

 

最後に、外国人労働者の雇用を成功させるためには、経営者や管理者、人事担当者が一体となって取り組むことが不可欠です。外国人労働者の力を最大限に引き出し、介護業界の未来を切り開くために、積極的な対応を進めていきましょう。

​介護の外国人材の雇用ならケアマッチにおまかせください!

外国人材の採用は、制度や手続き・受け入れ環境の整備など、わからないことが多くて不安という方が多いのではないでしょうか。
ブイエヌサービスは外国人材の雇用に関して多数の紹介実績があり、外国人専任スタッフが採用から入社後の支援も行っているため、初めて外国人材を採用する方も安心してお任せいただけます。
まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。

bottom of page